目的に合わせて

ガラス修理は、ガラスが割れてしまった時だけに行なうのではありません。
その他にも、ガラス交換をしたい時にも行います。

大抵のガラス修理の専門業者は、割れてしまったガラス修理だけでなく、ガラス交換も行っています。
安全な日常の為に防犯性の高いガラスに交換したい時、毎日のお手入れがより簡単になるようなガラスに交換したい時。
このように、それぞれの目的に合わせてガラス交換が行えます。

時間がかかる

日常に起きる不法侵入の犯罪を防ぐならば、防犯性の高いガラスに交換するのがポイントです。
特に一戸建て住宅におきる不法侵入の犯罪は、窓ガラスを通して室内に侵入されている確率が高いので注意が必要です。
窓ガラスが割れにくい様に防犯フィルムを貼るのも良いですが、窓ガラスそのものを割れにく強い耐久性をもったものに交換するのも大切です。

防犯を目的として交換した窓ガラスは、絶対に割れない窓ガラスではありません。
防犯に強い窓ガラスでも、ガラスには変わりがありませんので、継続的に衝撃を与え続けると割れてしまいます。
しかし、他の窓ガラスがすぐに割れてしまうような初撃であっても、防犯に特化した窓ガラスは割れるまでに時間を要します。
つまり、割れるまでには「時間をかける必要」があり、侵入までに5分かかれば犯罪を諦める不法侵入者にとっては非常に都合が悪いのです。
その結果、万が一窓ガラスを割られてしまっても室内に侵入させることを防止できます。