防犯ガラスはどんなガラスか

空き巣の侵入方法

皆さまの家に勝手に入り込み、盗みを働く空き巣ですが、彼らの侵入方法は窓であることが多いです。玄関の鍵開けをすることもありますが、基本的には窓ガラスが侵入口であると考えた方が良いでしょう。ガラスを破った方が、ピッキングなどよりも簡単に家の中に入ることができるからです。窓ガラスは意外と簡単に割れてしまいます。こうした空き巣の侵入の対策として作られたのが防犯ガラスです。空き巣が不安ということでしたら、空き巣対策として防犯ガラスへガラス交換をされてみてはいかがでしょうか。

どういったガラスなのか

防犯ガラスは割れにくいガラスとなっています。全く割れないということはありませんが割れにくいガラスです。2枚の強化ガラスの間に特殊な膜を挟み込んでいて、普通のガラスなら一撃で割れているような攻撃であってもひび割れなどが発生するだけに留めることができます。なかなか割れにくいというのは侵入に時間がかかるということですので空き巣にとっては嫌なガラスなのです。こういったガラスですので、防犯ガラスにガラス交換をすることで空き巣への対策となります。防犯に意識があるのでしたら、こちらの防犯ガラスにガラス交換をしてみてはいかがでしょうか。

油断はしないようにしましょう

防犯ガラスにガラス交換をしたとしても、このガラスは防犯面で完璧ではありません。割れにくいというだけですので割られてしまうこともあります。それだけ空き巣が侵入をする時間がある場合には防犯ガラスであっても割られる可能性があるのです。また、窓の鍵をかけ忘れているという場合もあります。こうした油断を発生させるかもしれませんので、防犯ガラスを取り入れたというだけでなく、このガラス交換をしたからこそより防犯意識を強くするようにしましょう。