網入りガラスから防火ガラスへ

網入りガラスのデメリット
網入りガラスは、通常のフロートガラスの中に金属線を埋め込んであるタイプのガラスです。通常ガラスは割れるとバラバラに散らばってしまい、特に災害時などはそれが避難の妨げになったり、火災時には火の出入り口になってしまうため延焼などの危険性が大きくなります。しかし網入りガラスでは、ガラスが万が一割れたとしても、金属線がガラスを支持しているので簡単には脱落しません。
しかし、そんな網入りガラスにも欠点があります。金属線を埋め込んであるということは、窓から外を見た時に、必ず金属線が目線に入り込むことになるので、景観が悪くなります。また、金属線が太陽光に晒されたり長年の経年劣化により膨張・収縮してガラスを割ってしまう場合があります。

何故網入りガラスでなければいけないのか
網入りガラスは建築基準法をはじめとする様々な法令において、火災時の熱に耐えることが求められる場所に設置されています。基準を満たしていれば良いということですが、今までは網入りガラスでなければそれに耐えられないので、結果的に網入りガラスが使用されていました。
しかし近年、その問題を解決する網の入っていないガラスも開発されています。

新しい防火ガラスのメリット
網がないのに今までの網入りガラスのように使える防火ガラスは、住宅などの窓に使用された時、そのメリットを実感することが出来ます。網入りガラスのように目線を遮る網がないので外の景色がくっきり見えますから、考えている以上に開放感があるものです。また、網入りガラスでは金属線を入れる都合上、どうしても厚みがましており、重量が重くなるという欠点もありましたが、新しい防火ガラスなら通常のガラス並みに薄く作ることも出来るようになり、かなりの軽量化が結果的に実現しています。