窓の断熱性能を向上させる

【熱が移動しやすい窓】
日本の住宅は、徐々に断熱性能が向上しています。そのため、夏も冬も快適に過ごす事ができるようになっています。しかし、断熱材が置かれているのは屋根や壁などであり、それ以外の場所では断熱性能はあまり期待できません。中でも顕著なのは窓ガラスで、屋内外の熱の移動の大半は窓ガラスで行われているのです。つまり住宅の断熱の弱点ですので、何らかの対策をしておかなければいけません。その対策として、ガラス交換を推奨致します。

【複層ガラスとは】
そこで脚光を浴びているのが、複層ガラスです。複層ガラスとは、2枚のガラスがセットになり、間に中空層を持たせたガラスの事を言います。中空層には、ガスを入れる事もあれば、真空にすることもあります。複層ガラスは外からの冷気を防ぎ、中の熱が外に出るのを防ぐため、冬でも暖かく結露の防止にも役立ちます。遮熱タイプの複層ガラスにすれば、冷房効率を上げることにも役立ちます。断熱・遮熱効果を狙うのなら、複層ガラスはうってつけと言えます。

【さらに高性能のLow-E複層ガラス】
Low-Eとは「低放射」という意味です。Low-E複層ガラスでは、複層ガラスの表面に金属膜をコーティングしており、「放射」による熱の伝導を防いでくれます。室外側にLow-Eガラスを設置すれば遮熱に役立ちますし、室内側に設置すれば暖房の熱を逃しません。複層ガラスの性能を向上させてくれるのです。
このように、窓ガラスを交換することで断熱・遮熱機能は大きく向上します。このようなガラスに興味を持たれましたら、ガラス屋にガラス交換をご依頼されるのがよろしいでしょう。安全かつ着実にガラス交換を行ってくれます。